沖縄でキラキラした体験をするなら青の洞窟ダイビング!

SITEMAP

魚を観察する男性

ダイビングを始めるには

海底

スキューバダイビングは空気タンクなどの潜水用具を装備して水中を活動するレジャースポーツです。年齢、性別による規制もありませんので、老若男女行う行うことができます。60歳以上の老人でもできます。しかし、誰しもできるレジャースポーツですが、楽しんで行うには、ルールをしっかり守る必要があります。そのための机上の講習、実技講習をうけて、ライセンスを取得しなくてはいけません。
このライセンスがあれば、日本はもとより世界のどこでもダイビングができます。ライセンスは民間団体が発行しているダイビングの免許証になります。発行している民間団体はたくさんありますがどこの団体でもかまいませんが、メジャーな団体の発行するライセンスを取得するのがいいでしょう。そのライセンスを取得するためには講習料金がかかります。プールでの実技講習、海での実技講習があります。
そのため、ライセンスの取得料が数万円かかります。他にも用具をそろえたり、海に行くための交通費、宿泊費などもかかります。初期費用としてちょっとかかりますが、用具、ライセンスさえあれば、あとはタンクのレンタル料、ボートの相乗り料金などです。南の島の旅行のオプションとして旅行の楽しみを増やすことができるのがダイビングです。

choices

TOP