沖縄でキラキラした体験をするなら青の洞窟ダイビング!

SITEMAP

魚を観察する男性

ダイビングに必要な装備

海の中

ダイビングは海の中を潜るレジャースポーツです。老若男女行うことができますが、空気の無い水の中ですので、ある一定のルールを守らなくてはいけません。そのルールを守る、装備を正しく使うためには事前に机上の講習、実技講習をしなくてはいけません。その講習を受けて初めて、ダイビングを行うことができるのです。これがCカードと言われるダイビングのライセンスです。
ダイビングでは潜水の器材としてタンクはレンタルですが、レギュレーター、オクトパス等のな専門の器材から、足ひれ、水中マスク、ウェットスーツ、グローブなどが必要となります。フル装備で揃えると2,30万円かかります。ウェットスーツ、水中マスクなどの身につけるための装備でも10万円弱かかるでしょう。
ダイビングは海に言った時しか行わないレジャーですし、ライセンスの取得にも費用がかかります。長続きするかどうか分からないレジャーに30万円ほど初期費用がかかるのは、ちょっと二の足を踏んでしまうでしょう。
ですので、まず、講習のときはレンタルで済ませて、これは楽しめる、長続きできる趣味になると考えたら、ウエットスーツまでの装備をそろえるのがいいでしょう。さらに本格的にはまり込んでしまったらフル装備揃えるのがいいでしょう。いきなり、フル装備まで揃えて、ほとんど使用せずに終わると言う例もありますから。

choices

TOP